とにかく早い!でも高い?バイク便のメリットとデメリット

時々見かけるけどバイク便って何?

都会に住む人なら1度ぐらいは後ろに箱のようなものを載せて走るバイクを目にしたことがあるでしょう。バイク便とは、バイクを利用して書類や小型の荷物を運ぶ輸送法のひとつで、主に東京や大阪などの大都市で展開されている事業です。渋滞の道をすいすいと走り抜けていくバイク便ですが、どんなメリットやデメリットがあってどのように活用すればよいのでしょうか。状況に合わせて普通の宅配便と使い分けることで、バイク便のメリットを最大限に享受することができるのではないでしょうか。

緊急時に大活躍!こんな時はバイク便頼みで

バイク便の最大のメリットは、とにかく早いということです。大都会で目にすることが多いのは、都会は道路が狭く、渋滞が多いため小回りが利くバイク便が多く利用されているためです。バイク便なら渋滞の道路でも車の横をすり抜けて、目的地に早く到着することができますよね。緊急時の書類を届ける場合などには数時間後には受け渡しができるということで重宝されています。また他の荷物との混載便ではないため、安心して任せることができます。忘れ物を取りに行ってもらうという活用事例もあり、緊急時には強い味方になりそうですね。

費用が高いのがたまにキズ、でも・・・

そんなバイク便ですが、デメリットもあります。基本的にバイク便はチャーターの形を取っているため、通常の宅配便よりかなり割高になってしまうことと、バイクの後ろに載せるため、荷物の大きさに制限があるということです。でも実際には多少のコストがかかっても緊急に書類を届けることの方が取引先との信頼を保つ上では重要なので、需要が大きいというのは事実です。翌日でも問題がないものと緊急なものとで上手に輸送手段を使い分けることが、コスト節減につながりそうですね。

バイク便の求人に応募するなら、少なくとも原付免許は必要なのですが、可能であれば小型バイク以上に乗れるようにしておくと面接の時に有利です。