お金がなくてもタクシーの免許を取れて運転手になれる方法がある

免許がなくてもタクシー会社に入社できる

免許がなくてもタクシー会社に入社できますが、タクシーを運転することは無理です。入社してからするべきことは、何もしないわけにはいかないので目指すは2種免許の取得ですね。一発試験を利用した取得を目指す場合が多いですが、タクシー会社の中には教習所を利用して免許取得をできる所もあります。その際の費用は、全てタクシー会社からの補助金で支払ってもらえるので安心してくださいね。ただ、免許を取れなかった際は、取得に挑んだ費用を全て支払う必要があるので注意しましょうね。

タクシー会社に入社後に自動車教習所に通う場合

早く免許を取得してほしいのがタクシー会社の本音でもあるので、学科は1つも残さずに受けていきます。技能については、鋭角や方向転換は難関でもあるので、先輩社員から助言をもらうといいかもしれませんね。学科と技能を上手くこなしていき、全て終わらせると卒業試験です。卒業試験は外の市街地を一通り走った後、教習所内に戻り鋭角と縦列駐車などを行うので難しいですね。ただ、ここまでくるまでに習ったことを生かせば合格できるので、気持ちを落ち着かせて挑戦するといいですよ。

免許を取る際にかかった補助金は全て働きながら返済

教習所を卒業し、本試験にも合格をして免許を取得したらタクシー会社へ行って報告します。そして、免許取得したその日からタクシー会社の見習いとして仕事が始まりとなりますよ。まだタクシーについている機能や、仕事に慣れていないので数ヶ月は見習いとして働きます。時間が過ぎ、タクシーを運転するのにも慣れてきたら、毎月の給与から免許を取る際にかかった補助金を月賦として返済開始ですね。借りているわけですから、いつかは返さないといけません。ただ、毎月払うお金は、生活に困らない範囲の額なので安心して下さいね。

役員運転手は、企業の重役である役員を乗せて運転するため、運転の腕が確かであることだけなく、礼節をわきまえている必要があります。