ビジネスパートナーを獲得しよう!営業を任せるときの注意点とは

営業活動はビジネスの生命線

企業としての成長を目指してビジネスパートナーを獲得して事業を展開する傾向が強まってきました。アウトソーシングを受ける専門業者も多くなっているため、業務の一部を専門業者に委託して効率化を図る動きも強くなっています。その一つとして営業代行を依頼して自社製品のセールスを担ってもらったり、マーケティング戦略を提案してもらったりする方法が注目されてきました。その決定をするときには営業活動はビジネスの生命線であることは忘れてはなりません。

綿密なディスカッションができるパートナー選び

営業活動が生命線であることを念頭に置いて営業代行を依頼するビジネスパートナーを選ぶことは欠かせません。このパートナー選びで間違った途端に企業として破綻してしまうリスクがあるからです。最も重要なのは営業方針について綿密なディスカッションが行えることであり、実施前だけでなく、営業代行の実施中も定期的にディスカッションの機会を設けて状況報告と今後の方針についての相談をできるようにしておくのが重要になります。

実績重視で選ぶのも肝要

ビジネスパートナーとして優秀かどうかを判断する上で重要なのは実績です。自社の活動している分野での実績があるかどうかをよく調べた上で営業を依頼するかどうかを判断しましょう。もし相談をしたときに近い分野での情報開示がない場合には、同じ分野の企業で既に営業代行を行っている可能性も否定できません。利害関係が発生すると営業の実施状況に支障を来す可能性があるため、明示できる実績があるのを重視して選ぶと失敗がないでしょう。

営業代行を利用する際は、依存しすぎないように適切な距離を保つことが大切です。依存度が高まると、機密情報流出リスクが高まると共に、急な事業規模変動にも対応しづらくなります。